【持戻し免除の意思表示  家業の承継】

父は、先代からの家業である不動産賃貸をしていましたが、遺言を残さず亡くなりました。相続人は、母、長男、長女、次女です。

自宅不動産は父名義のままでしたが、父は生前、多くの不動産を、長男やその家族に贈与していました。

父の気持ちは聞いていませんが、会社員の長男が、家業を引き継ぐことになると思います。

遺産分割協議の際、長男への生前贈与を持戻して計算をしていいのでしょうか、持戻し免除になる場合とは、どのような場合でしょうか? “【持戻し免除の意思表示  家業の承継】” の続きを読む

【建物の無償使用は特別受益?】

 

父が亡くなり、遺産分割の話となり、私は、理解できません。
母は既に亡くなっており、相続人は、長男と長女とそれに次女の私です。
父は、母が亡くなった後、長男に近くに住んでほしいと強く頼んだそうです。
長男夫婦は、父の自宅近くにある父名義の建物に住んでいました。もちろん無償です。

一方、長女は、夫の仕事が長続きせず、収入が不安定。心配した父は、自宅からは少し離れた父名義の賃貸アパートの一室を長女家族に無償で使用させてきました。

次女である私は、住宅ローンで家を持ち、独立した生活をしてきました。
父の遺産分割に当たり、私としては、兄や姉は住宅費用が掛からなかったので、得をしていると感じます。兄や姉の住居費分はいわゆる「特別受益」にあたらないのでしょうか?

たしかに、父の建物に無償で居住してきたという場合、賃料相当額の特別受益の問題が生じますね。そうすると、結構、大きな金額になりそうです。
しかし、建物の使用借権を、一般論として客観的に考えてみると、土地の使用借権と違って、第三者に対する対抗力がなく、建物の名義人が変わったら無償で住んでいた住人は退去せざるを得ないという意味で明け渡しも容易であることからするなら、経済的価値がないに等しいと評価できます。

仮に特別受益になるとしても恩恵的要素が強く、持ち戻し免除の意思表示があると考えられています。

もっとも、収益物件で本来賃貸しているものを相続人に居住させたという場合には、賃料相当額が特別受益になり得ることも考えられます。長女がそうですね。

しかし、特別受益になるとしても、長女家族に賃貸アパートを使用させるに至った経緯から察するに、やはり、父の黙示の持ち戻し免除の意思表示が認められると思います。

なんだか不公平ですが。。。

長女家族の生活が経済的にも安定してきた時点以降は、父の意思は、賃料を収受するつもりだったかも知れませんね。 以上

——————————————————————————————–
ホームページ:http://www.souzoku-bengo.com/index.html
弁護士費用について:http://www.souzoku-bengo.com/cost.html

中西雅子法律事務所
弁護士 中西 雅子(東京弁護士会所属)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4
TEL:03-3926-0762
FAX:03-6740-1724
受付時間:9:00~18:00(平日)
——————————————————————————————–

【持戻しの免除の意思表示】母からの生前贈与

 

父は生前、自分が亡くなった後は、体の弱い母と同居して面倒を見てほしいと言っていたので、私は転職をし、母と同居を始めました。

母は晩年、「今までありがとう。今後の生活に役立てなさい。」と1000万円を私に贈与してくれました。兄には言わなくていいと。

兄は、父との関係が悪く、母が亡くなるまで行き来もありませんでした。

 

母が亡くなり、兄から、母の預金が1000万円引き出されている、勝手に使用したのでは?と言われています。遺産は他に、自宅の土地建物だけです。

 

母からの1000万円の生前贈与は、その金額から判断し、特別受益に当たると考えられます。

特別受益がある場合、原則的には、相続財産にその特別受益の金額を加えて(持戻し)、ここから相続分の計算をします。

しかし、被相続人が、持戻さなくていいと意思表示をしていた場合は、これを持戻し免除の意思表示といい、この金額を加えずに相続分の計算をすることになります。

そうすると、被相続人に持戻し免除の意思表示があったかが問題になりますが、これについては、黙示的なものでもよいとされています。

黙示の意思表示があったか否かについては、贈与の内容・価額、贈与の動機、被相続人と受贈者との関係、被相続人と相続人の経済状態、他の相続人との関係や、他の相続人が受けた贈与の内容・価額等を総合考慮して判断するものと考えられています。

本件の場合、母が、兄には内緒でいいと言っていることや、転職をして母と同居を始め、その面倒を見てきたことを考えると、母には黙示的に持戻し免除の意思があったと言えるのではないかと考えられます。

そうすると、1000万円は持ち戻さず、自宅不動産を分割することでよいことになります。

どのように不動産を分割するかは、兄との間で協議の必要がありますが。

——————————————————————————————–
ホームページ:http://www.souzoku-bengo.com/index.html
弁護士費用について:http://www.souzoku-bengo.com/cost.html

中西雅子法律事務所
弁護士 中西 雅子(東京弁護士会所属)
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-14 日本橋KNビル4
TEL:03-3926-0762
FAX:03-6740-1724
受付時間:9:00~18:00(平日)
——————————————————————————————–